矯正歯科 ~歯並びが気になる~

正しい歯並びで、心も体も健康に――

見た目も機能も整える ~矯正歯科~

乱れた歯並びの問題点は、「見た目」だけではありません。歯並びが乱れていると食べカスがたまりやすく、みがき残しも出やすいため、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。また、噛み合わせもズレるため、噛む力のバランスが崩れ顎関節症などを引き起こす原因になるだけでなく、運動能力や記憶力にも影響するといわれています。

思春期のお子さまは、歯並びの乱れが原因でコンプレックスを抱いてしまったり、大人の方でも気になって思い切り笑えなかったり……と、心にも影響する部分もたくさんあります。心と体の健康のために、歯並びを整える矯正治療を検討しましょう。

大人も子どももおまかせください

歯の見た目だけでなく、噛み合わせなどの機能性の回復も目的としている矯正治療。矯正治療というと、子どもがするもの……というイメージをお持ちの方も多くいらっしゃいますが、実際には大人の方でも治療可能です。

子どもの矯正治療の場合、顎の成長を利用して治療を行うため、永久歯をすべて並べられるスペースを確保する治療が行えます。そのため、大切な歯を抜くことなく、歯並びを整えることができます。

一方、大人の矯正治療の場合、顎の成長が完了しているため永久歯がきれいに並ぶスペースがないときには抜歯することもありますが、治療計画どおりに進みやすいという特徴があります。

当院では、子どもから大人まで、たくさんの患者さまが矯正治療を受けられています。矯正治療をはじめる時期は患者さまの口腔内の状態によってさまざま。いつからでも「遅い」ということはないのです。矯正治療に関するご相談は無料で承っておりますので、歯並びについての疑問・質問などありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

医療法人 康祐会 花井歯科医院の矯正専門医

呉 先生

略歴
  • 埼玉県浦和市 出身
  • 日本歯科大学 歯学部 卒業
    同 大学院博士課程(歯科矯正学専攻) 修了
    同 歯科矯正学講座 助教
  • クレ歯科・矯正歯科 開設
所属学会
  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • 東京矯正歯科学会 元役員(編集幹事) 他

症例紹介

症例1


矯正術前(左)


矯正術前(中央)


矯正術前(右)


矯正術後(左)


矯正術後(中央)


矯正術後(右)

治療内容 下の歯が上の歯に対して、突出してしまっておりました。
噛み合わせの問題だけではなく、発音など日常生活にも支障が出てしまう可能性があるため、マルチブラケット装置や目立ちにくい白いワイヤー矯正装置を使用して治療を行いました。
治療期間 1年3ヵ月
治療費用 30万~85万円 ※患者様の状況によって費用は前後します
考えられるリスク 矯正治療により矯正装置と口腔内粘膜が触れ、口内炎等ができる場合があります。
症例2


矯正術前


矯正術後

治療内容 上の前歯が下の前歯に比べて、著しく突出している状態だったため、噛み合わせが悪くなってしまい、顎への負担から顎関節症になりやすいなどの問題が生じてしまう可能性がありました。
そのため1期に可撤式矯正装置と呼ばれる取り外し可能な矯正装置を用いた治療を行い、2期ではマルチブラケット装置を使用して治療を行いました。
治療期間 1期:13ヶ月 2期:9ヶ月
治療費用 35万~115万円 ※患者様の状況によって費用は前後します
考えられるリスク 矯正装置の装着中の歯磨きを適切に行わない場合、むし歯や歯周病になる可能性があります。
症例3


矯正術前


矯正術後

治療内容 こちらは叢生(そうせい)と呼ばれる、歯並びがバラバラな状態でした。
この状態ですと歯磨きがしづらいため、満足に行うことが出来ず歯周病など、歯を健康のまま保つことが困難になってしまいます。
そのため、マルチブラケット装置を用い、歯並びの矯正を行いました。
治療期間 1年
治療費用 35万~115万円 ※患者様の状況によって費用は前後します
考えられるリスク 歯の並び方などには個人差があるため、治療期間が予想よりも前後する場合がございます。

ページの先頭へ戻る